会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
こちらのFAQページで疑問が解決しない場合はお電話・メールでお問い合わせください

> 気温が低いときに、蛇口を開いても水(お湯)が出ない場合はどう...

気温が低いときに、蛇口を開いても水(お湯)が出ない場合はどうしたらよいですか?(給水の配管や給湯器の配管の一部が凍結しています。)

冬期に外気温が低くなると、給湯器につながる給水配管や給湯配管の一部が凍結している可能性がございます。以下の凍結した場合の対処方法や凍結を予防する方法をお試しいただくようお願いいたします。

■対処方法
配管が凍ってしまい、水またはお湯が出ない場合は、自然に解けるのをお待ちいただくか、凍った部分にタオルや布を巻いて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて解凍してください。
※ 直接熱湯をかけると、水道管が破裂する恐れがありますので避けてください。

■凍結予防方法
通水による凍結予防として、以下の方法をおすすめいたします。
①ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにしてください。リモコンがない場合は、ガス給湯器のガス栓をしっかりと閉めてください。
②お湯の出る蛇口から一分間に約400ml以上の水を流し続けてください(浴そうなどで受けると経済的です。水が流れたままになりますので、対処後は、蛇口をしっかり閉めておいてください。)

※凍結予防方法について、詳しくは以下のリンクをご確認ください。
寒い夜には、ガス給湯器本体と配管の凍結に注意

※お湯がでない原因が凍結以外の可能性がある方は以下リンクをご確認ください。
お湯が出なくなりました。どうすればいいですか?

このページのトップへ戻る