会員サイト「マイ大阪ガス」登録キャンペーン実施中!
こちらのFAQページで疑問が解決しない場合はお電話・メールでお問い合わせください

> 警報器が鳴った場合、止める方法はあるのですか?

警報器が鳴った場合、止める方法はあるのですか?

ガスの元栓を閉め、窓を開けて換気をしてください。
警報器はガスの濃度が一定以上となった場合に鳴りますので、換気により濃度が下がれば鳴りやみます。

なお、換気をしても鳴りやまない場合や、ガスの臭いがする場合はガス漏れ通報専用電話までご連絡のうえ、念のため屋外に避難してください。

なお、着火源となる恐れがありますので換気扇や電気のスイッチは操作しないでください。

このページのトップへ戻る